釣りバトRound.5 vs かえるかわずさん @豊英湖

豊英湖, 釣りバト, 釣行マックスセント, ヤマセンコー, 豊英湖, 釣りバト

最初にお詫び。
実に半月以上経過しておりますため、記憶がおぼろげでございます…/(^o^)\
釣り行き過ぎてブログ書く時間と体力が残っていないというのも切実な問題ですね…

対戦相手:かえるかわずさん!

釣りバトRound.1でエデンさんとバトルした日、depsの木村さんと同船釣行していた際にはじめましてだったかえるかわずさん。
第1回釣りバト杯にも大場未知さんのバックシートで参戦してくれました。

20代前半のフレッシュな肉体とあふれる体力!
おじちゃん、豊英のセッティングだけで息も絶え絶えだよ…

木村さんとの釣りでdepsサイドワインダー・ブッシュバイパーを買うことを決意され、ヘビーな釣りをバンバンやられているご様子。
ブッシュバイパー使いの端くれとしてはぜひにも学ばせていただきたいところ!

対戦場所:豊英湖

自分もかわずさんも2回目の豊英湖。
前回は奇跡的に初カバーフィッシュを釣らせてくれた思い出の地。

かわずさんは春くらいにデコった以来で、苦手意識があると言っていたような。
フィールド的にはハンデほぼなし!(自分は前週にいっているけどそんなのいいじゃん!)

14ftは相変わらずの争奪戦かと思い、この日はまだ真っ暗なかなり早めの時間に到着。
するとかわずさんもすでに到着しており、ボートを無事確保してポストにボート代をシュート。
ふう、早すぎたかな・・・とか余裕ぶっこいて一服雑談。

桟橋から。さすがに早すぎでしょw

明るくなってきて、さてセッティングしますかねーと。

kaneck

かわずさん、俺も荷物はこぶのもちろん手伝うよ!
さあ、がんばろう!(若者に主にがんばってもらおう…)

かわずさん

えっ?!
今日kaneckさんのエレキじゃないんですか?!
俺持ってきてないですよ?!

kaneck

な…なんだってーーーー!

事前にきちんと打ち合わせておかないからこうなる\(^o^)/
エレキなどは車に積みっぱなしなので自分のがあるけど、バッテリー持ってきてないよ!
そして豊英湖はバッテリーとかレンタルないよ!!

オワッタ…オワッ……タ…………

が、かわずさん片倉ダムにバッテリー2発を置かせてもらっているとのこと。
ダッシュで片倉いって取ってきてもらうことに。

先にバッテリー以外の動力レス14ftボートをセッティングした後、かわずさん片倉へ向けて出発。
出船までまだ1時間くらいあるので間に合うだろうし、間に合わなくても別にいいよねと。
とりあえず、出船できることになってよかった…

無事セッティング完了して出船!

片倉からバッテリー持って帰ってきたかわずさん。
戻ってきた頃にはさすがに駐車場が入り口までビッチリなので手前に止めるしかなかったけど、かわずさん、駐車場最手前くらいからバッテリー2発担いでゴンドラもなしで降りていっちゃってるよ…!
若ェってスゲェ…

しかしちょっと不安なことに、充電してもらってたはずのバッテリーは赤ランプ?!
充電できてなかった説。
X5-80のパワーが初体験なノロさ…これは1日もたないかもしれない…
バッテリーに負荷をかけないようスロー走行にします。

ふたりとも経験値の浅い豊英湖、ノープランなのでお互い行ったことのない本湖方面へいくことに。
風が強い日で、前日には12ftが転覆&落水したから気をつけるようにボート屋のおっちゃんに言われました。
バッテリーも弱ってる中、なかなか厳しいな…!

初めての本湖、もうなんもわからないのでdeeper見ながら水深と地形だけ見ながら岸際を撃っていきます。
かわずさんはi-WINGとかいろいろ繰り出してるぞ。

風が巻きまくる本湖、どうしたもんかと。

豊英って地形的に風が壁や岩盤にあたってぐるぐると渦巻くんですね。
何もなさそうな場所を境に、手前に吹く風と奥側に吹く風が別れてて逆反転流みたいになってたり。
雰囲気は悪くなさそうなんだけど、まあバイトが遠い。
根本的になにか間違ってそう。

本湖の大きなUターンになってるあたりのアウトサイドに小規模カバーがいくつか。
どう見ても第一級っぽい場所にはカップルの船が。
ちくしょうだとか個人的な毒を吐きながら、別の沈み立ち木やレイダウンがあるあたりにエントリーしてスナネコすると、食わせたけどフッキング甘くてバラし。
まずまずのサイズだったけどなぁ。

なかなかシブくてバイトも取れないまま、釣り進んでいくとマックスセントのスナッグレスネコリグに小バスが。

一応180gのリードではあるけど、あってないようなもの。
すでに出船から3時間くらい経過しておりました。

さっきの小バスから5分後くらいの出来事です。
一応ヒントになったので、この辺には少なくとも食うバスがいるね、ということで引き続き沈んでるぶっとい倒木の下にスナネコをフォール。
距離にして2mもない至近距離でラインの角度は直角に近い。

着底後にシェイクした後ポーズを入れると、沈んだ土嚢でもかけたかのような重い感触。
む?動いては…いないか…いや、なにか違和感がある!
ブラックレーベルプラス681LMLXBをフルフッキングでしならせると…

やっぱり食ってたァァァ!
めちゃくちゃ重い、巻かれる…くっそぉぉぉおお!とほぼ真下直角気味な状態でロッドを煽っては巻く!
超至近距離だったのになんだこのファイトは…!デカいのか…?!

そして…なんとか競り勝って、獲った!

デッケェ!!
フッキングもバッチリできてる!
重てェ!!

なんと46.5cm1,550gのデカバス!
ランディングしたときは一瞬ついに初の50upかと思ったほどでかくて太い!
かわずさんのiPhoneXSのカメラはめっちゃきれいな写真とれてうらやまありがたい!

これで一気にリードを広げることに成功!

バスの反応を求めて彷徨うと…見つけた!

この後は続かず、アウトサイドのカバーやシェードを撃ちながら進んでいくと、北側にワンドっぽくなってる雰囲気ムンムンなエリアが。
すでに時刻は正午、そろそろなにか反応がほしいところ。

ワンドに入って右舷側を沿う形で進んでいって、ワンドの出口になるあたりにくると、はじめて見えバスが浮いてるのを発見!
しかも45クラス!岸上見上げてるし、これ釣れそうだぞ!

も、アプローチと操船ミスで潜っちゃった。
また浮いてこないかなーとその場所で少し粘リング。

すると、ついに豊英湖まだノーフィッシュのかわずさんのブルフラットをデカバスが襲った!!

45〜6cmの1,170gのぶっといナイスバス!
豊英バス、コンディションめちゃくちゃいい!!

なおこの日、バックシート1.5倍は無しでもいいよね^^ とかひよった提案をしたわたくしに対し、かわずさんは「いや1.5倍でしょ、勝つためならプライドなんていらねえですよw」とのことで、1.5倍ですw

1.5倍で1,755g…!
自分は1,730gなので、いい勝負に!
ただ…このあとこのクラス釣られたらめちゃくちゃ厳しいぞ…!

などと、暑さのせいだけじゃない汗を垂らしながら、今かわずさんが釣ったのはさっきの見えバスではなさそうだったので、もうちょっとそのスポット粘ることに。
ちきしょう、釣ってもう一度リードしなければ!

なーんて言ってたらまたかわずさんのロッドがギュン!!

コンディションよい!!
ほぼ40cm!

40あるなし930gで連発!
1.5倍で1,395gか…合計3,150g?!オワッタ\(^o^)/

しかしこれもさっきの見えバスではない気がする、くそくそくそ!!まだある!!!
ともう一度見えバスいた位置にそーっと戻ると、いた!!さっきのバスだ!
しかもまた上みてる、これは食わせられる!!

かわずさんに、あれ釣っていい?いいよね?連発したばっかだもんね?と大人げない牽制をかまして、最近はサイト専用にした2インチヤマセンコーを手に。
一撃で食わせるしかない。
スワンプミニよりアキュラシーいいので、自分でも完璧なキャストが…決まった!!
弱めに壁にあてて、バスの目の前にポトリ。
反応した!ので小さくトゥイッチ…

ほらね!!食った!!

マジでコンディションいい!
サイトなら飲ませずにかけられるよ!
またも45up!!

狙い通りのサイト成功で45up1,250gをキャッチ!
これでトータル2,980gと、自分にしては十分すぎる釣果!
あと170gで追い越せる…!まだ勝負はわからない!

さすがに短時間で45クラス3本も抜いたので、この場所はもういいだろうと移動することに。
ワンドを出てすぐにいい感じにえぐれた場所あったので、大移動する前に念の為スナッグレスネコを入れると、食ったぜ!!

小さいけど十分170gはある!
フッキングもうまくなってる実感もてる!

380gを追加してトータル3,360g!
ついに追い抜いたぞ!!
しかしリードは210g、1.5倍があるので小バスでもまくられてしまう。
追加するしかない!

そして事件は起こった…

本湖を一周して、ボート屋や上流へ行こうかということに。
本湖からショートカットしてボート屋方面に抜けれる細道のあたり、小さめのバスがたくさん浮いてるのが見えたので、ちょっとでもリード広げようと2インチセンコーサイトやスナッグレスネコリグのブラインドを。

振り返ってかわずさんになにか喋ってたときでしょうか。
iPhoneXSを持ってたかわずさん、

「ぬあああああああああああああああああああああ!!!!!」

?!
あ、iPhoneXSが、落…水……………!

まだ取れるかと急いでネット持とうとしたけど…
ゆらゆらと、ビッグスプーンのように木の葉フォールしていく、iPhoneXS。
呆然とする二人。

潜水できる方はここを潜るときれいなiPhoneXSがですね…

水深は…5mオーバー。
潜るわけにもいかないし、ジグとかで引っ掛けられそうなストラップとかもついてないので…
これは…諦める…しかないか…

ちきしょおおおおおおおおお!やっとローン終わったばっかなのに!!と断末魔をあげながらヤケクソでキャストしたかわずさん。
え、なんか釣れてるよ?!!?
まさかiPhoneXSと引き換えにメモリアルフィッシュが…

この苦笑いが悲痛です…

に…280g…
iPhoneXSと引き換えの280g…

一応1.5倍で420g追加、再々逆転ですが。
あまりにも切ない1匹でした。

かんがえてみたら、今まで一度も携帯を湖面に落としたことないほうが奇跡だなと。
帰ったらすぐにiPhoneでも浮くフロートストラップを買おうと決意しました。

傷心のかわずさん、最後に決定的な1匹!

ぐったりしながらボート屋桟橋方面へ船を進めます。
通りがけに前週にスーさんのお仲間さんが56cmをキャッチした岩盤へ。

ちょっと減水していたので、前週にはあったブッシュなどが空中にあります。
そんな中であまりにも目立つレイダウンに、自分はバルビュータ、かわずさんはブルフラット。
2本のブッシュバイパーが船上で振られております。

まだ傷が癒えないけど切り替えようとしているかわずさん。
ちょっと反応が遅れたんでしょうか、ラインが走っていることにも気づくのがちょっと遅れてる?
が、しっかり食ってるじゃないか!!

でかい!!ちょっと笑顔が疲れてるのは仕方ない…w
キロいったかとおもったけど…

870g、1.5倍で1,305g!
勝負を決める決定的な1匹でしょう。
これでトータル4,875g!

自分はこのあと小バスをかけて120g追加しましたが、ここで打ち止め。

バッテリーランプが黒で瀕死になり、軽く上流の青野郎絡みカバーをテキサスで探った後、帰着。

結果:40up船中4本の激戦、健闘するも大敗…

iPhoneXS落とした勝者と、勝利のポーズをやめさせようとする病気のひと

かえるかわずさん:4本3,250g × バックシートボーナス1.5倍 = 4,875g
kaneck:5本3,480g

まさか経験の浅い豊英湖でこんなハイウェイト戦になるとは。
ふたりとも経験が浅かったので、協力して攻略していく感じでとても楽しめた釣行でした!
簡単ではないけど、50up狙いやすいと噂の豊英湖。
50upはならずとも、船中45クラスが3本、40クラス1本と、豊英湖のクオリティの一端には触れられた感じ。
45クラスを2本も釣ったのは人生初!

ちきしょーーーーー。
いい勝負だっただけに、くやしいな!
リベンジさせてもらいますよ!

かわずさんは前日も釣り、今日も釣り、翌日は自分が主催する大会で釣り、と若さみなぎるアクティブさでした。
iPhoneなくなって翌日の大会の連絡どうしよう…となっていたのは切なかったw

ヒットルアーなど。


1.7gネコリグをベイトフィネス10lbで。
この日は貴重なミミズカラーを温存してエビミソで。
ミミズ最強だと思うけど、エビミソでもちゃんと釣れました。
精神的に最後の武器として信じられるミミズは残しておこう。


最近はサイト専用にしてます。
サイトはスワンプミニでもいいんだけど、キャストアキュラシーとトゥイッチが出来る点で自分はこっちを。
フッキングしっかりできれば飲まれることもないですよー!