初めての三島湖で釣りバトリベンジを受けて立ったら…/(^o^)\

三島湖, 釣りバト, 釣行BLITZ, HPシャッドテール, ドライブビーバー, マックスセント, 三島湖, 釣りバトリベンジ

積ん記事が溜まりに溜まっております👼

少し前になってしまいますが、初の釣りバトリベンジ…つまり一度釣りバトをやった後の再戦をやってきました!

対戦相手:萩原涼太さん!

先日うっかり勝利してしまった萩原さんからの再戦希望でした!

悔しいからすぐにリベンジする!と言われてて、本当にすぐに実現するというw
萩原さんは自作のロッドやフックやルアーを繰り出す変態的アングラーなので、前回はホームの利を活かしてなんとかなっただけなので…
復讐に燃える萩原さんにどこまで食い下がれるか…!
(実際は復讐とかそんな雰囲気じゃないですw)

対戦場所:三島湖@ともゑボート

場所は萩原さんホームの三島湖です。
自分にとっては豊英湖に続いての初場所続き。

三島湖ときいて自分が知っていることは…トンビが危険なこと、めちゃ釣れること、ダムのひび割れで常時減水してること、でしょうか。
釣りの難しさは 亀山>>>>豊英≒三島>片倉>戸面原 くらいなイメージ。
免許不要艇が増えたことでスレてきていると聞いたような気も。

ともゑさんは駐車場から手押しカートでゴンドラを乗り継ぐスタイル。
手押しとはいえ、めちゃでっかいので一度で全部積めそうなサイズ感。

エレキなどは萩原さんにおまかせしちゃったので自分は荷物少ないですが…
めっちゃ高低差!でっかいエレベーターでカートごと一段おろします。
下に降りたら、赤い小型ゴンドラに荷物を積み替えて桟橋へ。

カートが大きいし肉体的な苦労は少ないものの、駐車場→エレベーター→ゴンドラ→桟橋と、荷物の積替えが2回発生するので面倒といえば面倒です。
面倒とはいえ疲労度は少ないので、個人的には豊英より楽ちんかなーと感じました。

感動したのが、ボート屋の方々が荷物の積み下ろしなどを手伝ってくださること…!
いつも必ずではないのかもしれませんが、帰着時のボートから下ろすときなども手伝っていただけて、すごくありがたかったです。

集合時間に行ってみると萩原さんもうセッティング済ませちゃってる…!
一人でやらせちゃって申し訳ない…

おせーよ!と言わんばかりの萩原さんw

ということで出船です!

ローライトで減水な三島湖。萩原さんセレクトなコースで。

この日はローライトで暑すぎず、風もあまりない感じ。
減水が中途半端に進んでいたようで、どうせならもっと減水しきってくれれば楽なんだけどなーと萩原さん。
おそらく上流側へ船を進めながら、魚が着いてそうなカバーや岸際を中心に撃っていきます。

朝から沖側でボイルがチラホラあったり、活性は高そうな感じか?!
しかし…魚からの反応はまるで帰ってこない…

むむ、三島湖むずかしいのか…?!

開始2時間、やっと魚が!

なかなかやばいな…という空気が流れるなか、岩盤近くのレイダウンでついに萩原さんのロッドがしなる!

31cm350g!
もっと大きそうだったけど、意外と痩せてた…

自分はこの日はじめて開封したマイクロタッピーで表装直下をテロテロやってると、ギルの群れがチェイスチェイス!
バスが奪い取ってくれんかなーとか自分が口開けて巻いてると、グッドサイズなギルが食べちゃったり。
マイクロタッピー、イージーに釣れそうなオーラ凄いけど…小バス確率が高まっちゃいそうかな…(;・∀・)

岩盤エリアのデカ立ち木にマックスセントDワームのスナッグレスネコを入れると、バイトからフッキング出来たもののすぐに巻かれて木化け、を2連発。
カバーネコやるなら、LMLロッドで一気に寄せるファイトを練習するか、もっと強いロッドにするか考えなきゃだめだな…

後が続かない苦しい展開…

その後も上流かなり登ったけど反応が芳しく無く、下流へ。
これは難しい…デコるか…と覚悟を決め始めておりました。

と、ワンドの入り口で萩原さんキャッチ!

33cm480gとサイズアップ!

既に時刻は正午、日が出てきてめちゃくちゃ暑い…!
しかし船中2匹と厳しい状態。
明らかにいそうであろう場所に反応がなく、見えバスもおらず。

ダムサイト近くのシェードで人間たちがだらけはじめていると、萩原さんが足元に落としたジグヘッドワッキーを食ってたけど水面でバラシ。
風が吹いてきてるので状況変わったか…?

萩原さんが段々畑でついに活路を見出す!

ダムサイト手前の段々畑になっているエリアで、魚探チェックしていた萩原さんがついに突破口を発見!
どうやら水深3〜5mくらいに魚が溜まってるっぽいとのこと。

攻略の糸口を掴んだ萩原さん、ドライブビーバー3インチのヘビキャロをリグるとすぐに確信に!

540gのグッドサイズ!
その後もヘビキャロでバイト連発で、狙いがバシッと決まってましたね。

なるほど、3mくらいか…
キャロやりなよーと萩原さんに言われるも、めんどくさいからやらない主義なのでw

3mダイバーのブリッツEX-DRを結んで同じエリアにキャスト。
1投目、着水から2巻きくらい沈めたらググっといきなりバイト!
っしゃーーーー!デコ回避!!とぐいぐい強引に巻き寄せる…!

と、萩原さんがなにか訝しげにこちらを見ている…?

ラインテンション保ったまま、おらおらおらーーーーーと巻いていくと、萩原さんが「あっ…」と言ったような気がして。

バス大ジャンプ★ポロッ★

kaneck

な…んで…?
ラインテンション張りっぱなしだったのに…

萩原さん

やると思ったんだよねー。
ロッド上向いてるし、ジャンプしそうだったもん。

シェードではないので灼熱と化したオープンウォーターで、呆然として脱力するわたくし。
落ち込むわたくしに、萩原さんは巻き物でのスイープフッキング、その後のファイトの仕方をレクチャーしてくださいました。
なんていい人や…

その後、キャロでまたかけた萩原さんの動きをじっくり観察していると、なるほど…と。
巻き物とは多少違うかもですが、スイープにフッキングして水面に出させないファイトを実演してもらって、次はこうやるぞ…とお手本を見させていただいちゃいました。

暑さでダウン寸前、なんとか釣るべく粘ると!

時刻は15:00をまわり、暑すぎて人間がへばりそう。
放心状態から回復して、レンジは分かったしなんとかならんかな…と3mあたりの段にダウンショットを入れて見ると、ついに待望のバイト!
キターーー!!

HPシャッドテール2.5にモーニングドーンが出てたんですよ!
釣れた安堵感でいっぱいでした

35cm540g!
なんとか、なんとかの1尾でものすごい達成感というよりも安堵感…

暑すぎるしあがりますか、ということでここでストップフィッシング。
もはや勝負になってませんでした…

結果:防衛大失敗の大敗\(^o^)/

恐れ入りましたーッ!!

途中からちゃんとカウントしなくなってたほどの明らかな大敗…
萩原さん5キャッチくらい?自分は1バラシ1キャッチでした。

厳しい1日で、萩原さんが突破口見いだせなかったら船中2匹とかで終わっていたかもなタフさ。
加えて日中の猛暑で、釣果も人間も参りました…
三島湖、全然かんたんじゃないぞ…!

ともゑボートさんからおみやげの新鮮な卵をいただいたので、帰宅して新鮮TKGをいただきました。
黄身がオレンジでうまい!!

またリベンジに来るぜ…!

ヒットルアーなど。

萩原さんが見つけたヘビキャロでレンジを合わせたパターン。
それまでが嘘のようにバイト連発させてました。
萩原さんいわく、ビーバーの3インチはマジで釣れるとのこと。
自分はキャロはなぁ…苦手意識が😓

マックスセントDワームもやっぱり食わせることはできる!
アプローチやタックルセッティング次第では獲れていたはずなので、やはり信頼は絶大ですね。

O.S.P(オーエスピー) ルアー BLITZ EX-DR P07/チャートブルーバック
O.S.P(オーエスピー) (2014-12-25)
売り上げランキング: 123,843

レンジを合わせることの重要さをピタズバッと感じました。
3mに魚がいる、とわかってからの3mダイバー1投目で食ってくるなんて。
ブリッツは釣れるクランクベイトなのは間違いないので、各レンジ用を揃えておきたいですね。

OSP HPシャッドテール 4.2in モーニングドーン
OSP
売り上げランキング: 147,498

HPシャッドテールのモーニングドーンは3.1以上だけだと思ってたら、2.5も売ってました。
お店限定なのかな?
カラーは最後の調整どころであって、メンタルやモチベーションのためにって感じですが、オリキンさんがモーニングドーンでめちゃ釣ってる動画を見てから最後の切り札的に信じてるカラーです。