釣り行く前に大事なものにはフロートを付けよう

タックルフロート

先日の釣りバトでかえるかわずさんのiPhoneXSが落水して、ビッグスプーンのようにゆらゆら沈んでいく悲しい事件に立ち会ってしまいまして。

釣った魚の写真を撮ったりTwitterみたりと、船上で何かとスマホを触ることはアングラーなみなさん誰でも共通ではないかと思うんですよね。
ならば、いつ誰にだって起き得る事件なのも明白だったりして。

これまで落としたことのない自分も、いつかは落とす日が確実に来る。
周りの人に聞いてみると、スマホや偏光サングラスを落としたという話はよくよく聞きます。

悲しいことにならないために、先回って準備をして転ばぬ先の杖としましょう!

スマホも浮かぶフロートストラップ

自分はブラック&ネイビーのセットにしました

フロートキーホルダーなどはすぐに見つかるのですが、そこそこ重量のあるスマートフォンを浮かばせられるフロートとなると意外と見つかりませんでした。(自分調べ)
iPhone7以降なら防水性能はついてるので、防水ケースではなくフロートだけでいいんですよね。

で、これならいいかなーと購入したのがコチラ。

これに決めた理由は以下の通り。

  • 2個入りで約1,500円。色の組み合わせはある程度選べる。
  • ストラップ型+根元のプラスチックジョイントで簡単につけ外しができる。
  • 150gまで浮かばせる浮力なので自分が使っているiPhone7(138g)クラスなら浮く。
  • これより重いスマホの場合、2個付けすれば300gまでいける。2個付けするときも根元のジョイントにつければ邪魔さを最小限にできる。
  • ストラップがリング型なので、手首に通して使えばそもそも落水を防止できる。

なおiPhoneのモデル別の重量はこちら。


iPhone XS Max 208g
iPhone XR 194g
iPhone X/XS 174g
iPhone 8 Plus 202g
iPhone 8 148g
iPhone 6 Plus/6s Plus/7 Plus 172g
iPhone 6/6s/7 129g
iPhone 5c 132g
iPhone 5/5s/SE 112g
iPhone 4/4S 137g
iPhone 3G/3GS 133g
iPhone 135g

https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/review/1143270.html

ただiPhoneにはストラップホールがないので、ストラップホールがついてるカバーやケースが必要です。
まあスマホはだいたいみなさんなんかしらケース入れてますよね。
実際に装着したのがこちら。

これはジョイントを外した状態

そう、デカいんです。iPhone7よりも。
なので普段はジョイント外しておいて、釣行前にフロートを差し込めばOKです。
自分はそれすらもめんどくさいズボラマンなのでつけっぱなしにしていますが、慣れてくるとズボンの尻ポケットからフロートが出てて取り出しやすかったりして、これはこれでいいかなーと。

まさに転ばぬ先の杖かなーと言った感じで、これなら最悪落としても大丈夫でしょう。
いつか落とすな…と思った人は先に対策を!

偏光サングラスにはフローティングストラップ

偏光サングラスもTALEXやサイトマスターともなるとめっちゃ高いわけで、落としちゃったら痛すぎます。
しかもその日の釣りは偏光なしでやらねばならないという。

実際、ランディングするときやエレキを装着するとか上げ下ろしするとき、なにかと水面を直角に近い角度で見るシーンって多いわけで、落としそうなシーンって多いんですよね。
フィット感強すぎるサングラスだとこめかみ辺りが痛くなるし、ゆるゆるだとすぐ落ちちゃうし。

ならば対策しましょう!

以前に使っていたのがコチラ。

ダイワ(DAIWA) グラスストラップ (B) カモフラ
ダイワ(DAIWA) (2015-03-27)
売り上げランキング: 41,648


ダイワのロゴが入ったフロート素材で出来たグラスストラップです。
これなら落としても浮かびます。
自分はオークリーのピットブルという、装着箇所がぶっといモデルに装着していたのですが、ギリギリ装着可能です。
たぶんこれよりぶっといサングラスはあんまりない気がするので、よほどでなければ大体のサングラスに装着可能かと思います。

ただ…フロート素材なのでかさばるんですよね。
首の後ろあたりがなんかもしゃもしゃして嫌だったので、自分はこれはやめて、フロート素材がないストラップに変更しました。

ダイワ(DAIWA) グラスストラップ(A) ブラック 803403
ダイワ(DAIWA)
売り上げランキング: 25,872


同じくダイワ製で、こちらは普通のうすっぺらい紐タイプ。
これならかさばる感じもしなくて装着感もいい感じ。
水面に落としちゃったら沈むでしょうが、ストラップつけていれば首にぶら下がるだろうという考えです。

今の所はこれで快適に過ごせています。

強風対策にキャップにもストラップ付けておこう

リザーバーなどで釣りしてると強風に見舞われることはしばしばありますよね。
釣り用のツバが長いキャップだと風の煽りをモロに食らうので、頭抑えながら釣りすることに。

これもめんどくさいので、自分はキャップとシャツをつなぐストラップを愛用しています。

ダイワ DA-9100 ダイワ キャップストラップ ブラック
ダイワ(DAIWA) (2014-07-28)
売り上げランキング: 86,287


両側ともぱちんと曲げて挟むクリップのタイプ。
キャップの後ろアジャスターの横辺りと、シャツの首後ろに挟んで使っています。
たまに風でキャップぶっ飛びますが、シャツからぶら下がるだけで何も問題なし。
こいつも実用性ありまくりで今や必須アイテムになっています。

転ばぬ先の杖で快適に釣りしましょー!

釣行中によく落としそうな3大グッズ「スマホ・偏光サングラス・キャップ」にそれぞれ自分がしてる対策グッズをご紹介しました。
それぞれお手頃な価格なので、これだけで不安から開放されるなら安いものかと。

落としてからでは遅いので、対策をおすすめします!