釣りバトRound.4 vs 萩原涼太さん @亀山ダム

亀山ダム, 釣りバト, 釣行HPシャッドテール, SVSB, マックスセント, ヤマセンコー, 亀山ダム

相模湖でのYuuさんとの釣りバトを終えて、つらすぎない程度の渋滞を抜けて帰宅し、即風呂に入ってユンケル錠剤飲んで寝酒を飲んで寝て、数時間後の午前3:00にまた起きて釣りバトに行く。
東京to相模湖to東京to亀山ダム。ニシヘヒガシヘ。

どんな無茶してるんねんと自分に突っ込みつつも、釣りしたい欲が抑えられずに結局やっちゃう。
もう40手前なので無理は禁物でございますが、鞭打ってがんばっております。kaneckです。

対戦相手:萩原涼太さん!

はじめましてな萩原さんは、今年のレジットデザインオーナーズミーティングで4位入賞という実力の持ち主!

ホームは三島や豊英で、亀山は大会くらいでしかあまり来ないとのこと。
となるとこちらがホームの利を活かして戦うしか無い…!

さらには自作ロッドやフックなどを持ち込むツワモノです。
この日も自作ロッドのテストもやられていたんだったような…
ヤベェー釣りウマオーラを漂わせておる…怖い…!

俺より釣れる奴に会いに行く…!

対戦場所:亀山ダム@おりきさわボート

今回はなんだか久しぶりな感じがするおりきさわボートです。
亀山ダムは前週に釣りバト杯を開催しており、つばきもとさんからだったので、亀山は1週ぶりなのですが…

ようやく梅雨もあけて雨が降っていない影響か、久しぶりに満々水からちょっと水位が落ちてます。

おりきさわボート裏駐車場から上流サイド。久しぶりに干上がってる部分が見えます。
おりきさわボート横の崩落注意な岩盤前シャロー。陸地が見えてます。
亀山ではよく見る野猿ですが、おりきさわボート桟橋にいたのは初めて見たw

久しぶりの減水でここのところは入れなかったオーバーハング下などが攻めれるチャンス!

なおこの前日は本湖で亀山湖花火大会がありまして、風のうわさだと花火の影響で魚がスプークしまくる花火パターンという厳しい状態と聞きましてw
その実証も兼ねて本湖にも行ってみようと話しておりました。

いざ出船!

今日は釣りバトTブラックです!
変わらず半袖短パンスタイル…限界があるw

おりきさわボート出船のボートは多くが上流サイドへ。
その数おそらく10艇くらいは向かったでしょうか。
僕がちんたら準備していた釣りバト艇は、迷ったはてに下流方面へ。

いつもの長崎までをサクッと流していきますが、この日もフィーディングはほとんどない感じ。
ポンパドールでストラクチャー周りを流したりしつつ進んでいくと、途中ピッチングしようと左手に持ったポンパドールのフックが指にフッキング…
なかなか深く切り裂いてしまってダラダラとなかなかの流血が止まらない😓
しばらく指くわえて止血しつつ、足早に岩の上島、白鳥島、カラス宿と流します。

亀山大橋ではフィーディング狙いと思われる大船団が超絶密集!
各ボートの距離が数メートルってな間隔で、みなさんいろいろ試してる感じ。
実際に目の前で釣れてるのも見たし、まさかのワタカをキャッチしているシーンまで目撃!
ワタカってルアー食うんだ…?!かなりレアなのでは…

引き波を絶対立てないように超絶スロー走行でのむらボート前まで出て、のむら対岸や道路跡などをチェックしていきますが、ここまでお互いノーバイト。

なにやら難しい1日なのでは…

一気に本湖まで進んで林道下。カバー撃ったりしてると!

本湖まで出てきたのがまだ8:00くらいと、過去一番のペースで釣り進みまして。
日差しがすでに暑かったので、林道下のシェードやシャロー、カバーなどをぺしぺしとチェック。
浮きゴミレイダウンなカバーにはブッシュバイパーの3/8ozテキサスで。

と、ワンド状の1mクラスのシャロー、水は濁っててボトムがやっと見えるくらいですが、沈み倒木などに魚が着いてる気がしたのでHPシャッドテールのダウンショット。
なにげに久しぶりに使います。

移動距離を抑えて秒間2回くらいのシェイクをしていると、久々にわかりやすいガゴっというバイト!
これまた久しぶりにちゃんとフッキング!

飲ませずちゃんとフッキング出来てた!

24cm190gと、サイズは伸びなかったものの、久しぶりにちゃんとしたバイトからフッキング出来て気持ちよかった!
とりあえずデコ回避で1歩リード。

押切沢に入ったら、デカいの釣ってるところを目撃!

押切沢ヘアピン前右手の新しい崩落のエリアで、先行者の方が45クラスを釣ってるのを目撃。
どうやらSSギルっぽかったかな?
その方が移動したところに我々も入ってあれやこれや。
自分はチッパワRB Bladeを巻き巻き。

すると萩原さんにヒット!

しかしまたもサイズが伸びず22cmの170g!

なおこの日は萩原さんと相談した結果、バックシートボーナス無しで受けてくださるとのこと!
なんと寛大な…!
これで190g vs 170g で差はほぼない状態に。

その直後、HPシャッドテールのダウンショットでシェイクしているとまた明確なガコッとしたバイト!

25cm140gとこれも伸びない…
トータル330gに。

さらに、間を置かずすぐに萩原さんもヒット!

これが27cm280gと、やっとちょっとまともなサイズが入って、萩原さんトータル450gに。
抜きつ抜かれつのいい勝負になってきました!

減水した押切沢、久しぶりの風景…萩原さん何かを発見!

押切沢も減水していて、ここのところはとっぷり水没していた立ち木などが丸見えです。
久しぶりだなぁ〜なんて景色を堪能しながら進んでいると、萩原さんが何か見つけて指差してます。

ん?なんですって?

こ…これは…!!

どう見ても2インチヤマセンコーのノーシンカーじゃないですか…

水没していた木が減水したことで出てきたんでしょうね。
もしこれがフォグショット#6で赤ラメカラーで3lbラインだったら…

どう見ても犯人は私です。
フック刺す位置までいつも自分がやってる場所…
満水時に環境汚して申し訳ございませんでした。
きちんと回収させていただきました。

この日は全体的に減水した部分のオーバーハングなどにたくさんのロストルアーやワームを見つけまして、見つけ次第回収していきましたが、ほんとたくさんありました。
この深さでこれなので、ボトムはひどいことになってるんだろうなぁと…。
極力根がかりしてもロストしないように、改めて気をつけなくてはと実感しました。

減水してても押切沢の滝はちょっと流れていて…まさかの!

最奥の滝まで進むと、枯れてると予想していた滝はちょっと流れてました。
流れている水は冷たいわけでもなく、水温は変わらなかったのですが、濁った滝壺に魚はいってるんじゃないかと。

ここに2インチヤマセンコーを落とすと、潜む魚は根こそぎ釣れるんじゃないかって考えてるんですが、この日は濁りが強かったのでライムチャートのセンコーをセレクト。
実はまだギルしか釣ったことのないカラーです。

滝に壁ドンして1キャスト…無。
2キャスト…ちょっとトゥイッチ…無。

3キャスト…フォール待ってると、珍しく明確にラインがグイーンと走ったので、しっかりフッキング!
え…?ちょっと待て、めちゃくちゃ重くね…?!

萩原さんがネットでキャッチしてくれまして!
まさかの40cm手前…!
キロには届かずも、ナイスサイズ!

まさかまさかの38,9cm950gのナイスフィッシュが潜んでました!
2インチヤマセンコーのライムグリーン…釣れるやないか…!

これで一気にトータル1,280gにジャンプアップ!
大きくリードを広げられました!

押切沢の下り道、萩原さん連発!

滝壺エリアに反応が途絶えたので、岸際カバーを撃っていくと、自分も萩原さんもバイト数回も乗らず…!
でもやっぱり魚はいるし、日が当たる側のカバーに入ってる!

するとSVSBを沈めていた萩原さんにヒット!

これは20cm140gと伸びないものの…

このあたりから二人でマックスセントDワームミミズカラーのネコリグで岸際のライトカバーなどを撃っていたのですが、直後にフルフッキングが決まりロッドが大きくしなる!

待望のグッドサイズ!
550gを追加して、トータル1,140gに!

これで1,140g vs 1,280gと、過去一番の接戦が継続…!
気温も暑いけどバトルも熱い!!

トキタ護岸を攻めたら、マックロクロスケが出た!

押切沢を出て、濁り+強めの風があたるトキタ護岸。
ルアーはマックスセントDワームミミズの1.7gネコリグを継続して、ねちねち攻めると、食った!

なんだこれ!!
めっちゃ黒い…!かっこいい魚体!これもギリ40届かず…
500g…もっとありそうだったけど!
マックスセント釣れるやん…!

昨日の相模湖でのマックスセントに続いて、亀山でもついにキャッチ!
ボロ中古品を買ってSLPにオーバーホール出して戻ってきたT3AIRとブラックレーベル+681LMLXBのベイトフィネスタックルについに入魂!
10lbと太めのライン巻いてたので、かけた後は強引に寄せてぶっこ抜けました。
ベイトフィネス導入したはいいけど苦手意識強まってたので、かなりホッとしました…

ともあれこれで1,780gとリード拡大に成功!

サイトしにいこうぜ!ってことで猪川上流へ行こうとしたら。

残り時間も減ってきたので、萩原さんと話して上流サイトでデカいの狙おうということに。
折木沢上流は遠いので、猪川に入ってみました。

減水していたのでどこまでいけるか不安だったのですが、鳳翔正木を折り返して青野郎ゾーンに入るとめちゃ浅!
しかし他のボートはこれより奥に入ってなさそうだったので、むしろチャンスでは!
とエレキのマウントをアウターチューブギリギリまで上に固定して、浮きゴミだらけの青野郎エリアを進みます。

と、やはり青野郎の下はクリアな水になっていて、チャンスありそうな気配。
ブッシュバイパーに3/8ozテキサスでdepsバルビュータをセットし、青野郎まみれの岸際ギリギリに着水させてみまして。

浅いけどフォール…着…底?したか?
シェイク…ん?重い…?
聞いてみると、グググッと。

ぐぐぐ…だと?
え?あれ?うそ、魚?ちょ、ま、巻く!巻くよ!巻き巻き巻き巻き…

ボートそばまで強引に巻き寄せて、青野郎を突き破って水面に出たのはおそらく40up…いや45くらいあるか?!なデカバス!
うっそー!!!ついに俺、カバーテキサス童貞卒業?!ブッシュバイパー入魂?!?まじで?!?!

…ぽろっ。

流れる沈黙。

呆然とするわたくし。

萩原さんが一呼吸おいたあと、放った名言がこちらです。

「フッキングしないからぁ〜!」

そうです。
わたくし、焦ってフッキングするの忘れてるんですよ。
前日の相模湖でも、油断していたら食っていて、フッキングを忘れて巻き寄せてきてポロリしたんです。
疑惑バイトなんかでちゃんとフッキングするっていう動作が完全に抜け落ちている…
これは自分の重大な課題でございます。

ともかく、初のカバーフォッシュ、テキサスフィッシュ、ブッシュバイパー入魂は幻と消えてしまいました…
かなりでかそうだったのに…!

萩原さんの名言を胸に刻み、次は絶対フッキング決めるんだと心に誓いました。( ;∀;)

なんとかいけた上流部。やっぱり超クリア!

スロープ岩盤のカーブを曲がったあたりで青野郎解除、水は…予想通り超クリア!
サイトできます!見えバスも複数発見!

サイトが得意な萩原さん、あれやこれやでアプローチ…
惜しいところで見切られる!やっぱり難しい…
自分はサイトっぽいカラーのHPシャッドテールでサイトを試みるも、やはりきつい。

帰着まで残りわずか、最後にダメ元で2インチヤマセンコーの赤を手に持ち、ちょうど入ってきた20〜30くらいの集団バスにアプローチ。
お、見た!トゥイッチ…食った!
しかし20cmくらい…時間もないので自粛リリース。

帰りますか…と青野郎に戻ろうとすると、エレキにロープが絡んで大変なことに…
残り時間ないのに!!
なんとか外して全速力で帰着すると、ギリギリ17:00ピッタリ。

というところで試合終了でございます。

結果:40弱2本が入ったのが効いて、まさかの連勝!!

萩原さん:4本1,140g
kaneck:4本1,780g

(小バスは未計測リリース)

まさかの連勝ーーーーー!!!
大きいの2本入った分でリードできました!
今回も罰ゲームはボート代のお支払いということで、お世話になります!

萩原さんも惜しいシーン何度もあったし、自分も幻テキサスフィッシュいたりで、それらも獲れていたらどうなっていたかわかりません。
しかし抜きつ抜かれつの切磋琢磨、めちゃくちゃおもしろいバトルになりました。

萩原さんは虫大好き!SVSBや自作の虫ルアーなどでバイトたくさん引っ張り出したり、自作フックでネコリグのスペック上げてたり…
めちゃくちゃ釣りに深く入り込んでおられる。
フランクなお人柄で、1日喋ってておもしろかった!
ありがとうございました!

次は萩原さんホームの三島湖でリベンジということで、近々再戦の約束をして、解散です。
ほんとは飯とか行きたかったけど、連日の釣行などで家をあけっ放しなので、この日はまっすぐ帰ることに。
したら、アクアラインが事故渋滞という…やっぱり飯いけばよかったな…

ヒットルアーなど。

久しぶりにHPシャッドテール2.5の1.7gダウンショットで明確なバイト&フッキング出来て楽しかったです。
この日は濁りが強いのでゴリミソブラックで。
上流サイトではグリーンサンダー。
タックルはポイズンアドレナ264ULに4lbフロロ。

相模湖に続いてナイスフィッシュを釣れてきてくれました。
1.7gネコリグをベイトフィネス10lbで。
Catch more 45% fishを信じ始めておりますw
日本限定ミミズカラーはどこも品薄とのこと、見つけたら即買いをオススメします。
Amazonはまだ在庫あるみたいだな…

やっぱりコイツは釣れる。
ライムチャートって何に見えて食ってるのか想像つきませんが、濁ってれば効くことがわかったのは収穫。