豪雨後のカフェオレ激濁りの亀山ダムで自己記録更新!

亀山ダム, 釣行HPシャッドテール, 亀山ダム

梅雨入りして雨が続いていて、土曜日は土砂降りの予報に…!
出船も危ぶまれるほど荒れる可能性があるということで、予約を泣く泣くキャンセルしてしまいました。
結局雨はかなり降ったものの、釣りはなんとか出来る程度だったようで。
これなら行けたじゃーん!と嘆いていたバスアングラーも多かったことかと思います。

翌日日曜日は快晴の予報も、かなりの暴風とのこと。
豪雨で激濁りや浮きゴミだらけになっているであろう上に、つばきもとオープンも開催される日でプレッシャーも凄そう!
しかし釣りしない週末を過ごすと禁断症状に悩まされそうなので、気合を入れていってきましたのレポです。

予想通りの激濁り。カフェオーレが飲みたいの…

前回も大雨翌日の亀山ダムを経験していたので、その時の記憶を辿ると。
長崎よりも上流、とくに折木沢筋はほんのちょっとの水深でも見えないくらいのカフェオレ濁りになること。
のむらボートあたりまで下ると意外と濁りはないこと。
ダム側で水位を下げてるはずだけど、追いつかずド満水でカバーなどの状態がいつもと違うこと。

ということでこの日はあえて折木沢筋は上らずに、朝イチから長崎方面へ。
しかしこの日は白波が立つほどのめちゃくちゃな暴風!
おりきさわボートのご主人いわく、今日はのむらボートより先へは行かないようにとのこと。
途中で暴風警報に変わっちゃったら、ボートは帰着して釣り中止になるかもしれないのでとにかく気を付けるように言われておりました。

長崎あたりもまだまだ濁りが強く、キャンプ場側シャローも爆風と濁りでなかなかシビア。
濁っている=魚を騙しやすい、プレッシャーがかかりづらいというメリットがありつつ、気づいてもらいにくいという弱点も同時に出てきます。
ダウンショットではよっぽど魚の近くに通さないと分が悪そうだなーということで、もうちょっとボリューム感があってリアクション気味に横移動できるブレーバー5.7をネコリグでスタート。

しかし風が強すぎてボートポジションもキープしづらいし、エレキ踏んだら魚に気付かれるし、ラインスラックは風でふっ飛ばされて目視もバイトも難しく、ボトムのルアーもがんがん意図しない移動をしてしまう始末。
そもそもボトム系ライトリグを選んだ時点で間違っている感が凄い。

ということでチャート系のビーブルに持ち替えて、岸際を流したり、ここにはいるだろうというストラクチャーにコンタクトさせながら引いてきたりするも無。
この選択は正しい気がするんだけどな…。

途中、つばきもとオープンの参加選手であろうライブウェルを搭載したローボート数艘が高速で折木沢筋方面へ走っていくのを目撃。
濁っていてもやっぱり上流いく人もいるんだな…これが試合に出る選手の判断…!

猪川へ行ってみると入り口が閉鎖されております…

折木沢筋は濁ることが分かっていたけど、猪川はどうなんだろう?と知識を得るために猪川へ行ってみることにしました。
が、川口を超えたあたり、ヘアピンカーブの手前あたりが一面浮きゴミジャングル。
回避ルートはないので、自力で突破するしかなさそうです。

ここにもやっぱりライブウェル組もいて、誰かが突破するあとをついていってたり、オールでゴミ避けながら進んだり、ゴリ押しで進んだり…いろいろ攻略されてましたが、僕はエレキゆっくり突進&エレキ持ち上げでゴミどけつつの脳筋パターンを選択w

エレキにダメージ出そうなくらいでしたが、なんとか突破。
重いゴミを抱えたエレキを上げ下げしすぎてたら、ついにマウントのロープが切れてしまいました…

しかして猪川、最上流部まで進めどやはり激濁った水が流れ込んでました。
さらには最上流部の狭いエリアに大会参加選手がごった返していて、邪魔になりたくないので結局すぐ引き返すことに。
正直ベイトフィッシュ含めた生命感もほとんどなかったです。

そして僕は途方にくれる

カラス宿、亀山大橋と信頼できるエリアも爆風で、ライトリグは使い物にならず。
スピナーベイト中心に見ていったり、いつも実績あるストラクチャーにワッキー沈めたりするも無。
これは厳しいなぁ、もう今日は帰ろうか…という諦めモードに。

「のむらより先に行っちゃダメだよ」というボート屋ご主人の言葉の意味を確かめようと、まどか岬あたりまで来てみると、オープンウォーターでは爆風が超爆風に…!
白波が立って、12ftで真横から風食らったら転覆できる勢いです。

動画だといまひとつヤバさが伝わりにくいのですが、白波や木々の揺れ方、カメラ(ボート)の揺れ方などから分かる人には分かるんでしょうか。
常時周囲を全開エレキで引き波立てられまくってるより危険な感じでした。
キャップストラップとグラスストラップのありがたみをめちゃ感じました。

ダイワ DA-9100 ダイワ キャップストラップ ブラック
ダイワ(DAIWA) (2014-07-28)
売り上げランキング: 13,590

ダイワ(DAIWA) グラスストラップ(A) ブラック 803403
ダイワ(DAIWA)
売り上げランキング: 18,274


なんとか風裏を探しながら、白鳥島、カラス宿あたりをスピナーベイト、ダウンショット、ネコリグなどで攻めたり、爆風表の超ヘビーカバーにパワーフィネスしたりするも無。
もう帰ろう…と思いながら、最後に折木沢筋上流やプールの様子を見るだけ見て、ダメなら帰ろうと決心。
ぶっちゃけ、今の自分の引き出しではどうせダメだろうな、と諦めてました。

ダメ元のプールで釣れてる人を目撃

予想していたとおり上流に行けば行くほど濁ってる感じ。
時折何か魚が水面で動くけど、おそらく鯉…?
何かを食べてる風だけど濁りすぎてて魚種判別すら出来ない…

登っていくと途中でエレキが急停止?え、壊れた…?

謎のネットのようなものが流れていて、ペラに絡まってました。
太いネットだったから巻き込まれもせず、簡単に取れたからよかったけど、急に止まったからかなり焦りました…

プールまでつくと小櫃川上流からは濁流がドバドバしてるものの、右側インレットからはクリアウォーターが流れ込んでいて、岸際50cmくらいのところでクリアと濁りの境目がある感じ。
クリアウォーターになってる水深30cmくらいのエリアではベイトフィッシュが水面に跳ねてる模様。
セオリーに従うならこの境目をスピナーベイトで流すとかでバイト得られそうな。

ビーブルのチャート…ダメ。
もっとアピール強いスーパーイラプションJr.の蛍光ピンクブレード。ダメ。
ダウンショット、ネコ、フリックシェイク…全部ダメ。

今の自分ではやはり無理か…と諦めかけたところで、同じようにクリアと濁りの境目をスピニングタックルで探ってた方がフィッーシュ!
やっぱりフィネスなのかな?と思って、リリースされた後にお声がけさせていただいたところ、まさかの金黒シャッド…!

そうか…クリア側にシャッドサイズのベイトフィッシュがたくさんいて、濁ってて騙しやすいのだから、濁りエリアに潜むバスがクリア側の際を泳ぐシャッドを見たら食ってくるのか…
引き出しの差だなぁ…

その方が場所を譲ってくださったので、お礼を言ってスピナーベイトで探るも無。
シャッドで食うならスピナーベイトでも大きく外してないはずだけど、アピール強すぎなのかロッドワーク悪いのか。
シャッドに巻きかえることも考えたけど、心が折れていたのでそのまま撤退。

もう帰ろう…今日はがんばった…
ちなみにここまで、魚種不明の超絶ショートバイト(か根掛かりかも正直わからない)が2回のみ。

帰り道、虹がかかってる滝でドラマが。

折木沢筋を上っていくと必ず目が行くきれいな滝があります。
滝壺だけ少し深くて、何やら枝など沈んでる感じの。
しかしこの日も滝の水はきれいだけどあたりはカフェオレで、インレット近辺もクリアになる部分すらない状態。

西日になりかけてて滝に虹がかかってました。
きれいだなーとなんとなくビーブルを半分ドラッギング気味に巻きつつ流すと、ぬわっとした感触。
根掛かり?ん…?あれ、取れた。む…魚だった?

エレキを止めてUターンしてもう一度慎重に巻いてみるも無。
まあ気のせいか、魚だったにしても今日はもってないな、と。

滝があまりにきれいで涼しいので、吸い寄せられるように滝壺前へいって、ちょっと水しぶき浴びてあー気持ちええ〜なんてやって、手持ち無沙汰でなんとなくHPシャッドテールのダウンショットを滝壺にポチョン。
一応インレットだし、濁りのセオリーでもあるし。

うん、滝壺だけちょっと深いんだよなここ。
あーそうそう、岩だか枝だかなんか引っかかる沈みモノあるんだよな。うん。
ネチネチネチネチ…

むわっ

むわっ…?
根掛かっ…オラッシャアアアアアアアアアアアアアアアアアアアイイ!!な鬼フッキング!
一気に壁側カバーに走る!!めちゃ重い!!させるか!!!ドラグゆるめ!!!ロッドで寄せ!!!!ジャンプだと!?一気に巻いてテンション抜かせない!!!ていうか見えた魚体はデカい!!!!おらぁあああああ!!!!

亀山ダム自己記録更新となる42〜3cmのキロフィッシュ!

亀山ででかいバス掛けたことなかったので、デカバスってこういうバイトになるのか、濁ってたからこういうバイトだったのか…
全然明確ではないむわっとした感触から、ほんの少しだけ動いたような違和感を感じた瞬間の反射的フッキング。
以前なら根掛かりと思って取りこぼしてたどころか、バイトだったことにも気が付かなったかもしれない。
引きやジャンプもこれまでの中で一番激しかったけど、冷静にいなしてネットインできたことも自分の成長を感じました。
弁慶堀で50upニジマスを釣った経験とかが生きてるんだろうなぁとしみじみ。

亀山連続デコらず記録もついに途絶えたか…と諦めていた中、虹がきれいだった偶然か、スピナーベイトになんか反応会った気がして引き返したからか、その時偶然滝壺にこのバスが入っていてくれたのか、偶然が重なってのナイスフィッシュに雄叫びあげたいくらい喜びを噛み締め。
こーやって釣(らせてもらう)んだよ!!と言いたかったw

念の為、おなじ滝壺にダウンショットとフリックシェイクの濃い目カラー「マルハタパンプキン」を入れて反応ないので帰路へ。
途中のインレットも一応おなじく軽くチェックして、16:00前に帰着しました。

はぁ…バス釣りっておもしろいなぁ…

先週が戸面原ダムで楽園に堕ちたので、今日もし亀山で釣れなかったらしばらく戸面原ダムに引きこもることになってたかもしれません。
亀山の魚神さまが、お前はまだ亀山でがんばれ、と言ってくれたような気がしました。

滝壺にはきれいな虹。

ラダトーム対岸ですかと。

ヒットルアーなど

とにかく自分のメインウェポンになっているO.S.P HPシャッドテール2.5のゴリミソブラック。
ホビットの#2と1.8gか1.3gシンカーでリーダーは10cmのショート。
ここのところどこにいってもこれが主軸です。
すっかりレッグワーム使わなくなってしまった。。

O.S.P(オーエスピー) ルアー HP Shadtail 2.5インチ #W006 ブラック・ブルーフレーク
O.S.P(オーエスピー) (2014-12-25)
売り上げランキング: 117,878
ささめ針(SASAME) インフィニ ホビット HIH054#2
ささめ針(SASAME)
売り上げランキング: 67,837
RYUGI(リューギ) シンカー RYUGI DS デルタ TG 1/16oz
ささめ針(SASAME)
売り上げランキング: 76,127