2019/3/31 亀山ダムでついに初バス!

2019-04-02亀山ダム, 釣行スーパーイラプションJr., フリックシェイク, 亀山ダム

初めて亀山ダムへ行ったのは2018/9/24でした。
急に思いついたようにバス釣りを再開して、引退前はボート釣りに抵抗があって行ったことがなかった房総リザーバー。
エレキの使い方すら何もわからないまま、水産センターで無愛想にハンドコンとバッテリーを渡されて、ゴンドラ使って良いのかビクビクしながら湖上に出ました。
当然のようにデコったわけですが、そこから亀山ダムの自然や雰囲気にドハマリして、翌10月に1回、12/21,22,24と通うようになり、大晦日釣行に向かう途中で車のクラッチが焼き付いてレッカーで帰りました。

大晦日の早朝に名殿曲がって坂を登ったあたりでレッカーされるWRX STI

車が修理工場から帰ってきた1月末からほぼ毎週通い続け、2019年だけで11回。
今日が通算16回目の亀山ダム釣行。
(Twitterで20回近くって書いてましたが、ちゃんと数えたら16回でした!)

捨てちゃった券もあるので全部じゃないんですが…

ついに初亀山バス、2019初バスに出会うこととなったのです。

朝イチから買ったばかりのベイトタックルで挑むと…

4日前に衝動買いしてしまった人生初ベイトタックル。
ダイワ・ブレイゾン672MH+19タトゥーラTW100XHLにジャッカル・スーパーイラプションJr. 3/8 ワカサギ+D-STYLE D-1 3.8 ホロスパークシャッドを結び、まだバックラッシュにビクビクしながら釣行開始。

スピナーベイトはこれまでスピニングのスコーピオンXT 2652R-2に8lbフロロで使ってましたが、そういえば亀山ダムでスピナーベイト使うの初めてでした。
スコーピオンXTがいくら硬めのスピニングとはいえ、やっぱりちょっと無理してキャストしてる感じはあったので、MHロッドに14lbのベイトタックルに結んで見るとめちゃくちゃしっくり来ますね。
カバー撃ち用にギア比8.1エクストラハイギヤのXHLにしたけど、これはオリキンさんにリールの選び方を質問したとき「自分はリールは全部ハイギヤ以上にしてる。ゆっくり巻けばいいだけだから」と教えてもらったのを参考にしたので、巻き物でもイケるだろうと。

スピナーベイトはブレードが回りだすくらいのデッドスローで巻くのが鉄則と思っているので、おりきさわボートを下流方面に出つつ、ポイントっぽいインレットやシャロー際などを2,3キャストするだけで移動。
すぐ移動するようになったのもオリキンガイドで学んだことが好影響していたと思います。
ハイギヤでもゆーっくり巻けばちょうどいい感じでブレードが回ってくれてることも確認。

途中、インレット脇のカバーにいたボートの方がスピナーベイトで小バスをキャッチしているのを目撃。
このコンディションでスピナーベイトは有りなんだ!とテンションアップしつつ、長崎へ。

長崎は霧に包まれた幻想的空間

前夜に雨が降っていたのもあってか、長崎は霧で岩盤が見えないほど。

写真だとそうでもないですが、肉眼だと南側岩盤が見えないくらいでした

deeper見ながら魚影がこれまでより更にレンジが浅くなってることは頭に入れつつ、deeperに振り回されずにポイントを絞ってキャスト。
いつもよりボイル(ヘラや鯉も含めて)も少ない、活性高くないのかな…

釣り進んでいって、長崎の右端、シャローになるあたりとの境目あたりにスピナーベイトをキャストし、デッドスローすると…

ゴン!!!!!!!!

興奮と感動と緊張と動揺で表情固まりすぎてます

夢にまで見た人生初亀山バスが、2019初バスが、ベイトタックル人生初バスが、ブレイゾンとタトゥーラの入魂が、ついについに微笑んでくれました!
時刻は6:40で出船後40分の出来事。
36cmくらいではあったけど、感動しすぎて、声も出なかった…

ルアーをピックアップしようかな、とボート際で少し早巻きした瞬間のバイトでした。
レンジはたぶん2〜3mくらい。
MHロッド14lbだと強引に一度もラインテンション緩ませる間もなく巻いて抜き上げられるのに感動したりしつつ。

興奮は一瞬で冷めてすぐ冷静になり、同じ場所に同じルアーでキャストすべきか?
それともここのバスはもう散ったから移動すべきか?
ルアーは変えるべきか?
などいろいろ思考を巡らせて、ルアーとワームはこれが効いたのだからステイで、少しだけ同じポイントにキャストしてからすぐ移動することに。

移動先の判断は正しかったと思う

朝イチの間に長崎から移動するなら、猪川か岩の上島方面か。
猪川にはボートが5艘くらい入っていっていたのでこれはパスすべきと考え、岩の上島・つぼりと方面へ、岸際を撃ちながら移動していきます。

やっぱりボートが多い!
deeperの反応見てるとつぼりとのワンド内に浮いてる魚影が多いので、つぼりとのカバーを撃っていくも反応なし。

40分でついに初バスキャッチ出来た喜びがだんだんこみ上げてきて、朝イチタイムが終わったくらいの段階で一服。
tweetしてみたり、落ち着いて状況を整理してみたり。
ここで油断してベイトリールが強烈なバックラッシュw

これがなかなかひどい絡まり方で、ライン切るか迷いながら格闘すること30分、無事にほどけました。
バックラッシュ直ると気持ちいいのでついつい30分もかかってしまった…w

2019ノーフィッシュだったので当然まだ入魂できていないポイズンアドレナ264UL-2には3lbフロロの先にOSPオーバーリアルを。
スコーピオンXT2652R-2の8lbにはオリキンさんにガイドで指定してもらったドライブシャッド3.5をノーシンカーで。
それぞれ目ぼしい場所にキャストしながら釣り進みます。

白鳥島の駆け上がりに魚探反応すごい

医院下方面もボートが多かったので避ける形で白鳥島へいくと、こっちも混んでるものの広さもあるのでまだ釣りやすそう。
つばきもと前のシャローから急激に水深が深くなる駆け上がりを等高線沿いに流してみると、5mくらいのレンジに反応が多い!

ドライブシャッドNSを少し沈めてスローリトリーブや、朝釣れたスピナーベイトをそのレンジに通してみるけどバイトはない…
周りの人はダウンショットが多そうだったかな?
少し粘ったけど誰も反応なさそうだったし、自分もダメだったので、カラス宿カバーを撃ちながらのむらボート方面へ。

ゴージャスな立ち木に見えバス、サイトは無理…?

馬の背を超えた先、つばきもと対岸のカバーを撃ちながら進むと、日本の立ち木が絡み合ってちょうどトンネルみたいになってるストラクチャーがあるんですが、その中に40upくらいに見えるバスがピッタリ収まってるのを発見!

スピナベで顔側をゆっくり通すもガン無視。
やっぱりサイトは、あっちにもアングラー見えてるわけで、口使ってくれないか…と諦めかける。

しかしこの日は1匹釣ったことで余裕もあったのか、少し距離をとってからポイズンアドレナ264ULに0.9gジグヘッドを結んでフリックシェイク4.8スカッパノンをワッキー刺しして、バスから見えなさそうな位置から顔の目の前あたりにピッチング気味に落としてフリーフォールさせると…

ラインが走ったーーーーー!!!!

ポイズンアドレナ264ULに初ヒット!ていうか3lbラインでの人生初ヒット!フリックシェイク、いやジグヘッドワッキーでも初ヒット!
めっちゃロッドしなる、ググググって引っ張られる…!
立ち木に擦られた!やばい!!
けどなんとかキャッチ!!

まさかの2匹目!初サイトフィッシュ!(厳密には見えてない位置に移動して釣ったから食った瞬間は見れてないけど)

40ちょっと?!
ルアー食ったままで写真撮ろうとラインを持ってメジャーに置こうとしたらそこでラインブレイク。
バウデッキに落下して跳ねてそのままオートリリース…

R18フロロリミテッドって最高クラスのラインだと思ってたけど、3lbってやっぱりちょっと擦られたりすると簡単にブレイクするんだ…と学ぶ。
写真とれなくてちょっと悔しかったけど、でも2匹目!
これまでこれだけ通って釣れなかった自分が、まさかの午前中だけで2匹目!

興奮冷めやらずにいると、すぐ裏の岩盤脇の浮きゴミカバーで魚が荒れ狂って跳ねた!
たぶん今のバスが口に刺さったフックはずそうとしてる!?

すぐカバーにドライブシャッド投げながら近づいていくと浮きゴミ下に魚が3匹ほど肉眼で見える…!
けど鯉だったー!

アドレナにもう一度フリックシェイクのジグヘッドワッキーを結んで、あたりの立ち木群にフリーフォールを繰り返すと…

食った!!

ULでフッキングするとこんなにロッド持っていかれるんだ!と興奮しながら巻き寄せる。
初代ヴァンキッシュのドラグがめっちゃでていく!
てことはさっきよりデカい!?
獲るぞーーーーと抗うも、立ち木群に擦られまくって、挙げ句立ち木にフックが刺さったところで生命反応が途絶え…

これが木化けって奴か…初体験でした。

しかし3バイト目!
どうしたの自分?!

しかしここまで!

時刻は正午、deeper充電しつつのむらボートを過ぎてじいさんワンド、藤林、トキタワンド、柳島、屋敷跡、水産センター脇、とD-Bladeやスピナーベイト、ドライブシャッドで撃っていくも反応がないまま帰船。

最後が水産センターだったので、おりきさわボートまでの長い帰路は弱ったバッテリーでのろのろ帰り道。
しかし、いつもの焦った、最後までキャストし続ける!!っていう焦燥感はなく、初フィッシュに満足して、おりきさわボートのご主人についに釣れたと報告できるなぁとか考えながら、喜びを噛み締めながら帰りました。

【次回へのKPT】

KEEP

・ベイトタックルを使い込み、スピナーベイトで朝イチのサーチをする。
 サーチベイトとしての本来の使い方として、朝の無謀な表層狙いからスイッチしたのはよかった!
 そして、今まで使ってこなかったのは悪手だった!
・見えバスがいたら離れてからライトリグ!
 フリックシェイクへの信頼が揺るがないものになった!

PROBLEM

・まだバックラッシュで無駄な時間つかったり、巻きラインにダメージ与えたりしてる。
 もっと練習していかなきゃ。
・ライトリグで立ち木群やカバー勝負すると、フッキングした後の展開でランディングできなさそう。
 対策を考える。

TRY

・だからベイトフィネスっていう考え方があるのかな?
 細いラインでストラクチャー周りからうまくランディングする方法を勉強しよう。
・チャターベイトでノーバイトだった。
 スピナーベイトより弱めの巻物ってイメージなので、使い所考えていく。

【2019年通算】

釣行:15(亀山11回)
バイト:40(+3)
フィッシュ:9(+2)(バス2)

(バス2)