第8回魚々輝カップに初参加してきたよ!そして無事デコったよ!

大会, 相模湖, 釣行大会, 相模湖, 魚々輝

8月末〜9月初にかけて怒涛の3日間でした。
亀山ダムでフォワードブルーカップに出場し、ダッシュで帰ってバッテリーを充電して寝て、翌朝には相模湖へいって初めての魚々輝カップ!
さらに翌日にはH-1GPX新利根戦の予約があるから、現地に行って釣り&予約待機する予定で。

で、魚々輝カップです!
Twitterでお世話になっている相模湖勢なみなさまからお誘いいただいて参加することに!
しかし自身2度目の相模湖で大会だなんて…しかも本湖側は全くの未知!
1匹でも釣れたらOKだな、と控えめな目標を掲げて、あとは相模湖といえばNZクローラー!?ということで挑戦してまいりました。

相模湖本湖側の小川亭さんから出船。セッティングが…!

会場は本湖東岸の小川亭さん。
現地についてみると、これまた自分がラストw
そして噂には聞いていたけど、セッティングがなかなかつらい…!

駐車場から道路を渡って桟橋サイドにいくのですが、ここが交通量多くて、ブラインド気味のカーブからわりといいスピードで車が突っ込んでくる。
重たいバッテリーなんかを持ってわたるわけで、気をつけないとこれほんとに轢かれますね…

無事道路を渡ったあとは、減水した戸面原程度の階段が待ち受けております。

これもなかなかガテン系!
こういうときFRPの軽いハイデッキ欲しくなりますね…

桟橋はすでにセッティングを終えた参加選手のみなさんでごった返しており、やばい急がねばとせっせこ荷物運搬。
ぜえぜえはあはあ言ってたらなんとグッチさんやしんじさん、スタッフのみなさんが手伝ってくださるという…
新参者のくせにいろいろ恐れ多く申し訳ございません…

さらにはしんじさん、「船側のセッティングはしておくから残りの荷物もってきちゃっていいですよ〜」なんつって、バウデッキからエレキからハイデッキからバッテリーから配線まで全部やってくださるという神対応。
もう抱いてほしかったです。

これ自分なにひとつセッティングしてないんです…ありがとうございます…!

本当にありがとうございました、初参加でこんな厚遇いただけるだなんて、魚々輝カップのスタッフは神様なのかと…!

出船ですよ!右も左もわからないけど!

そんな感じでみなさんの助けで超速で準備が整い、出船の時間!

ハミンは初場所でオートチャートライブ。
本湖ひろいから、地図埋めだけでも楽しめる広さやな()

沖はめちゃ深いだろうと思っていたので、小川亭さんを出て左岸を沿って回るくらいしか思いつきません。
ずーっといくと青田ワンドという有名スポットにたどり着くはずだけど、かなり果てしないなぁ。

ここでお知らせがございます。

この日、ぶっちゃけ何もなかったので、ここで記事はほとんど終わりです。

………(;・∀・)

この日の出来事をかいつまんで。

これは小川亭さんを出て左側、ダムサイト前でしたか。
岸際は雰囲気もよく、釣れそうな感じだったのですが残念ながら無。

大場さんからお借りしたサイドワインダー”The SOLID SETTER"
グラスコンポジットのロッドで、ばいんばいんという表現がぴったりなほどウネウネ曲がる凄いやつでした。
BLITZ EX-DR程度のウェイトでもティップに思い切り重量を乗せられて、めっちゃ気持ちよく遠くまでキャストできます。

ただ、大場さんに言われてたんですよね。

「すごくしなるから、魚探とかエレキにぶつけないでね。」

うん、たしかにぶつけそうな勢いでしなるから気をつけないとなー。
しかし言われたそばからやるわけないじゃん。
うん、いいなー、飛ぶなー。まき心地もいい。

お、ハミンの2Dにすごくいいベイトの群れが3mラインで映ったぞ!
通り過ぎちゃったから、後ろにキャストすればちょうどいいな!

と、ハイデッキの上で180度転回し、真後ろにBLITZをフルキャスt

言われたそばからやっております。
しなりすぎたロッドから垂れたBLITZが後方(バウデッキ)にかけてあったネットに直撃し、新品ラインが地球滅亡級バックラッシュ。
到底ほどけるレベルじゃなかったのでハサミでライン切りながら解いていくと、スプールの結び目まで全部浮いてました。
グラスロッド使うときは後ろにキャストしないか、十分に後方確認してキャストしましょうね…

続いては大場さんが相模湖でも50up釣ってる魂の宿ったNZクローラー。
魚々輝カップは1本長さ勝負、NZで1発でかいの狙って爆砕してやる!

depsサイドワインダー”The BUSH VIPER"
剛竿といえるヘビーロッドですが、このロッドをもってしてもNZは重い!背負えてない感じ!
なんとかフンフン言いながらキャスト&スーパーデッドスローでよたよたさせるも…
メンタルより先に腕がパンパンに…
NZほしいけどまずはフィジカル強化が必要だと理解しました。

あとは…
かなり浅いシャローフラットが本湖南東側にあって、そこで1匹45クラスを発見。
しばらく2インチヤマセンコーやオーバーリアルあたりで格闘してたんですが、粘ることの無意味さ、ということで諦めたんですが。
その後の展開を考えたなら粘ってキャッチしておいてもよかったなぁと。

その他、なんたらワンド?の入り口の岬っぽいところにも45クラスを発見するも、エレキ離すのが間に合わず接近しすぎて乙。

最後はハミンに頼って10m級ディープに映る魚群にメタルワサビー18gのシャクリやフットボールジグのバンピングをするも、そんな甘くなかった。

帰宅後に最近あたらしい家族に迎えた保護猫に「釣れなかったの?」って顔されておしまい。

魚々輝カップまた出たいな!ていうか相模湖リベンジしたい!

せっかくスタッフのみなさんによくしていただいたり、大場さんのロッドやNZをお借りしたのに、NBNFで帰着という情けない結果に。
相模湖もリザーバーに部類されるんだと思いますが、とくに本湖側は房総リザーバーとは勝手が違いすぎて、本当に難しい…
「芦ノ湖よりは濁った芦ノ湖」みたいな印象です。
このままじゃいかん…房総リザーバーでしか釣れない人になってしまう。
相模湖はそのうちしっかり攻略したい!

魚々輝カップは1匹の長さでの勝負というルールで、初めての経験でした。
1匹で一気にひっくり返る戦い、これはこれで熱い!
またぜひ参加させていただきたいなーと思います!
(10/6にもあったのですが、マニアックスさんの大会とかぶっており…残念ながら断念…)

あと八王子の居酒屋魚々輝さん!
酒飲みとしてはぜひすごく行きたいんですが、電車でいったら朝まで飲むことが確定ですので、どうしたらいいかなーと…
相模湖津久井湖で釣りして、その足で魚々輝さんにいって飲んで寝て、朝帰るのがコンパクトかなーとか…

最後に世界のチャソ様とのペアルック2ショットをお届けして筆を置かせていただきますね!